愛媛県松山市へ

父の実家が愛媛県にあったので、久しぶりにお墓参りに行きたいと言うことで、父・母・主人・娘と私の5人で行きました。父の実家の墓参りに松山に行ったのです。

行きは電車(新幹線)で帰りは飛行機でした。東京在住なので行きが電車というのはかなり時間がかかるのですが、父が娘にいろいろな乗り物に乗せてやりたい、と言うので承諾しました。スポンサーが父だったので…。

行くのが春休み中ということだったので値段が高くなると思われましたが、早めに予約したので飛行機は早割りで1人1万しないですみました。新幹線と電車は2回乗り換えたのですが、こちらのほうは1人2万近くかかりました。

東京からのぞみで岡山まで、岡山から特急しおかぜで松山まで、松山から特急宇和海で八幡浜まで行きました。途中きれいな海が見えたり、岡山駅で駅弁を買って特急しおかぜで食べたり、楽しかったのですが、トータル7時間以上は辛かったです。電車の揺れで少し酔ってしまいました。

特急しおかぜと特急宇和海はアンパンマンのラッピング列車で、小さなお子さんがいる家族連れの方たちが写真を撮っていました。我が家の娘はもう小学生なのでそれほど食いつきませんでした。

八幡浜駅には叔父が待っていて、お墓に連れて行ってくれました。行く途中や帰り道で「ここでよく遊んだなぁ」とか「この学校に通っていたんだよ」と父と叔父が懐かしそうに話していました。

その後ホテルにチェックインしました。ホテルは「八幡浜センチュリーホテルイトー」というホテルで、古いのですがスタッフの皆さんがにこやかで感じのよいホテルでした。料金は1人5~6000円程度です。

両親と私たち家族の2部屋を用意してもらったのですが、我が家の部屋にはエキストラベッドを入れてくれました。それが部屋の真ん中にドーンと置いてありびっくりしたのですが、娘は大喜びで「トランポリンみたい!」とはしゃいでいました。

夕食は近くの「あたご」という和食店に行きました。和食のコースを頼んでくれていたのですが、「八幡浜ちゃんぽん」というのが気になり追加して頼んだのですが、これがすごくおいしかったです。海鮮や名物のじゃこ天などが乗っていて、あっさりしているようで出汁がおいしいちゃんぽんでした。

翌日、八幡浜駅に行ったら「はまぽん」というちゃんぽんのゆるキャラの看板が立っていて、かなり八幡浜ちゃんぽんを推しているのがわかりました。すごくおいしかったので八幡浜に行った際にはぜひ食べてほしいです。

2日目は松山まで行き、親戚の家や道後温泉に行きました。

道後温泉はシステムがよくわからず、窓口でどれを頼んでいいのか迷ってしまったのですが、大広間(休憩室?)で休めるのにしました。2階にあがって座布団に案内されると案内の女性が説明してくれるのですが、早口でべらべらとしゃべりまくり行ってしまいました。ちょっと感じ悪かったです。

でもお風呂や座敷はレトロで雰囲気がよく、他のスタッフの方はにこやかだったので、まあ良かったかなと思います。

おみやげはタルトを買いました。タルトと言ってもケーキ屋で売っているフルーツが乗っているタルトではなく、松山では有名な銘菓です。ロールケーキのクリームの代わりにこしあんが入っています。自宅用と友だち用、主人の会社用、義実家用に買いました。

帰りは飛行機で2時間足らずだったので、とても快適に帰ってこられました。
次回行くことがあれば、行きも帰りも飛行機にしたいと思います。

そして松山に立ち寄ったついでに是非、行ってみたいところがありました。

それは松山市で有名な占い師LEOさんのところです。

これですね。
松山市 占い leo

矢野真弓さんの会社、レグルスへ是非、行ってみたいと思ったのです。